セッション概要

予定通り9/14にJava 17がリリースされているでしょう。Java 17はJava 11以来のLTS(Long Term Support)バージョンです。3年前にリリースされた11から見ると17まで6バージョンあり、多くの魅力的な新機能追加や実践的な改善がJavaに施されました。

このセッションではJavaのオープンソース実装であるOpenJDKにおける新機能追加や改善について、最新バージョンである17と前のLTSである11以降に出た12から16も対象に解説します。例を挙げるとswitch式やテキストブロック、レコード、シールクラスなどの言語構文の拡張やZGC、Shenandoahという新しいガベージコレクタなど多数あります。ただ、時間の都合上微細な改善は取り上げられない見込みです。

Java 8で動作しているアプリケーションも今はまだ多いですが、それらの移行はこの17をターゲットとすることでしょう。このセッションで17までの変更内容をおおまかに掴むことができます!

講師

阪田 浩一

阪田 浩一

(株式会社NTTデータ)

セッション情報

担当:
株式会社NTTデータ
レベル:
入門編
対象者:
Java、OpenJDKの最新動向(新機能、改善内容)を把握したい方
前提知識:
オブジェクト指向プログラミング言語を使ったことがある方
カテゴリー:
プログラミング言語
Google Calendar