セッション概要

15年以上も前にリリースされたJ2SE 5.0から存在するものの、そのマニアックさからあまり注目を浴びることのなかったJava Virtual Machine Tool Interface(JVMTI)。しかし、その機能はプロファイラやデバッガを開発するうえで欠くことはできず、OSS・商用製品を問わず多くのソフトウェアの基盤として使われてきました。

本セミナーではJVMTIでどのようなことができるのかを、現場で役立ちそうなサンプルコードを交えながらお話しします。

講師

末永 恭正

末永 恭正

セッション情報

担当:
株式会社NTTデータ
レベル:
入門編
対象者:
Javaの監視やデバッグ手法に興味がある方
前提知識:
Javaでの開発経験のある方、C/C++での開発経験のある方
カテゴリー:
Java/プログラミング言語
Google Calendar

資料